特定非営利活動法人 Creative Debate for GRASS ROOTS

外国語学習を成功に導く秘訣を最新の科学的理論に基づいてわかりやすく解説

170314_01_ OBK門田先生 170314_03_ OBK門田先生 170314_02_ OBK門田先生

OBKでは、現場(教室)での実践と科学的根拠をつなぐ勉強会を続けてきました。 成果のあがる学習法とは何か? 個人の成功例は他の人にも有効なのか?

学習を始める年齢・多読・シャドウィング・自動化・母語の重要性等々、12のポイントから学べるチャンスです。

日時:2017年3月14日火曜日 10:00-13:00(9:45開場)
講師:門田修平先生
場所:大阪市立青少年センター KOKOPLAZA 講義室505
参加費:2000円 (学生半額)
参考図書 英語上達12のポイント
申込み:http://kokucheese.com/event/index/446905/

2020年の小学校英語教科化や、大学入試の変革に伴い、学習者には自ら学ぶ力が必要な時代がやって来ます。
プレ・フォニックスという呼称には、どの様な教材で指導する方にも是非知っていただきたい事、という想いが込められています。
聞く、読む、書く、話すを個別のスキルではなく、統合された形で指導するための Why How What をお伝えし、フォニックスの学習をより効果的なものにするための講座です。学び合いの手法を取り入れることで、生徒が自ら学ぶ力を育てる方法も学べます。

170326_02_プレフォニ名古屋 170326_03_プレフォニ名古屋 170326-01プレフォニ名古屋

日時:2017年3月26日(日曜日)
10:00-12:30 概論
13:30-16:30 Basic1
場所:刈谷市総合文化センター内 中央生涯学習センター
参加費: 午前2000円 ,午後3000円,終日4000円
いずれも再受講の場合は半額です。
申込み: http://kokucheese.com/event/index/445363/

概論:
練習帳で教える意義を科学的に解説する理論編。
先生が知っておくべき発音のポイント。
Basic 1
練習帳Unit1(pbtdcg/aeoiu)の具体的指導法
11文字の指導を通して、音と文字を学ぶための基礎力を育てる具体的な指導法をお伝えします。

◇音声指導を音楽に例えると、フォニックス指導は音符を見て楽器を弾くことに当たります。 ところが、「その楽器の音、どう出しますか?」という
点に関して、日本語という特殊な音とリズムをあつかう学習者に特化したものはあまりありません。 プレフォニックス練習帳は日本語話者のための音声指導教材として、びっくりするぐらい細かいステップを用意しています。

今までにない教材なので、指導法も今までとは違います。
1) つづりは口に聞こう。 子音・母音・音韻指導に必要な技術と声掛け。
2) 学習者が自ら考え、自ら発見するポイント

Wave Up! シリーズの学習会では、スパイラルよりさらに細かく、3歩進んで1歩下がりながら確実な指導法をお伝えします。

【Basic基礎1】 pbtdcg/aeiouの指導で楽器の取説を理解する
7月12日(火)

【Basic基礎2】 アルファベット26音とee/ea/oo 読みまくる、書きまくる 演習ステージ
6月15日(水) 8月22日(月)

どの講座も下記を予定しています。

時間:10:00-12:30
会場: グラスルーツ事務所 (阪急十三駅より徒歩5分)
お申込み後に詳しくご案内します。

参加費:各お申込、お問合わせ:obkosaka@gmail.com

初めの方も、ブラッシュアップの方もぜひご参加ください!

日程:2016年1月17日(日)

時間:10:00〜12:30 概論(初心者対象)
   13:30〜16:30 実用編(初心者の実用編のみの受講は不可)

会場:弁天町ORC200生涯学習センター 7F 第2研修室

参加費:概論 2,000円、実用編3,000円(GRチケット利用可)

関西地区でのプレ・フォニックス練習帳ワークショップです。 
午前中は初めての方中心に、ワークシートを見ながら教材の開発理念を学びます。 
午後はUnit1を使ってみての、指導に関する疑問や成功事例について意見を交換したり、Unit2のシートと教え方をご紹介します。

お申込:http://kokucheese.com/event/index/349989/

2/7 (金) …………………………..

OBK定例会 @弁天町市民学習センター 10:00-12:00

申込み:obkosaka@gmail.comまで

公立小学校における「外国語活動」の必修化も3年目になり、
小学校英語を教科化する声が高くなってきました。
大阪では英語教育の新しい風が吹き荒れそうな気配です。

そこでOBK児童英語講師自己研鑽の会では、力強く教育革命を謳っておられる
中原徹先生をお呼びし、大阪の英語教育の展望をお話頂く機会を設ける運びとなりました。

大学の先生、小学校の先生、児童英語講師の先生に集まって頂き様々な視点から
「あるべき小学校英語教育」について語り合います。

大阪の例をひとつのケーススタディとして、日本の英語教育についての熱い想い、また問題点や課題についても討議します。

○大阪の英語教育改革はどんな人間像をめざしているのか?
○強い日本を創るためには?
○グローバル人材って?
○本当にこどもに英語の力がつく教え方は?
○英語が教科になったとき、教える人、時間の確保などはどうなるのか?
○競争が過熱した時、こどもの何が奪われるだろうか?
○小学校からフォニックスを導入?
○英検が小学校英語の目標になるの?

—–講演—-
特に英語教育抜本改革を打ち出しておられ、小学校英語の英語教育についても大きくシフトを変えるビジョンをお持ちの中原徹先生(米国弁護士から大阪府立和泉高等学校長をへて、現在大阪府教育長)。

—–他に声をあげるのは—–
「こどもに英語を教える実践家」という立場から、児童英語講師など民間の先生たち。
小学校現場の先生。—学級担任の先生・外国語活動支援員さんたち。
そして保護者。

ファシリテーターには広島大学大学院より、柳瀬陽介先生(専門:英語教育研究)をお迎えします。

子どもが得るものを最大に、失うものを最小に、そして願わくば本音の議論からから新たな可能性が見いだせるのではないか。転換期に立つ英語教育にしっかり声をあげ、豊かな英語教育に貢献するべく、ぜひ皆さまのご参加をお待ちしています。

facebookページ「小学校英語そこまで言って委員会」オープン!
https://www.facebook.com/obk.sokomadeitte
ぜひ、お立ち寄りください。

obk

■日時:2013年3月20日(水・祝) 10:00~16:45

■場所:大阪阿倍野市民学習センター アトリエ

■参加費:4500円

■内容

児童英語の教授改革を目指す講座ですが、全国で各学校の先生方にもご参加いただいております。

先生方の日々のレッスンで、気になる子はいませんか。
グループレッスンの中で読み書きがついてこれていない子、
何年も通っているのに、名詞、動詞、形容詞がわかっていない子・・
何を、どう手助けしたら、この子のわかった!という自信をつけてあげられるのか。

一昨年、昨年と、全国各地で行なってまいりました
Rakugotic英検指導法ダイジェスト。
今年、《概論》としてリニューアルし、開催させていただくことになりました。
英検指導に限らず、どのレッスンでも、どの子にも対応できる
Rakugoticメソッドのエッセンスを、体験していただけます。

概論後、さらに日々の授業に役立てたい方には
本講座、6時間×4回、計24時間コースをご用意しています。
5/6(月・祝)、6/8(土)、7/6(土)、7/28(日)の予定です。

以前にダイジェストを受講された方にご案内です。
概論を復習のために再度受講される場合、
参加費を半額でご受講いただけます。

■お申込み:こくちーずからお申し込み下さい。

 

小学校英語の教科化に類する指導者会議
~あなたは賛成?あるべき授業の姿は?~
ゲスト論客をお呼びして、現状や問題点、また希望について語り合います。

日時:2013年8月4日
場所:クレオ大阪北(大阪市東淀川区)
参加費・申込み:お問い合わせ下さい。

テーマ:外国語の習得と自動化理論(外国語の学習でも半自動化はできる)

日時:2013年3月31日

講師:成田一先生

内容:
第一部 自動化理論をレクチャー
第二部 討議 質疑応答

場所:弁天町市民学習センター

 

 

OBKの会のための事前勉強会

第1回:2月15日金曜日 10:00~12:00 アトリエ
第2回:2月27日水曜日 10:00~12:00 第二研修室
第3回:3月15日金曜日 10:00~12:00 第二研修室

場所:弁天町市民学習センター
参加費:1000円
申込み:こちらからお問い合わせ下さい

 

お問い合わせ